知っておいて損はなし!定期預金担保貸付の利用条件を徹底解説!

金融機関に預けている定期預金を担保にして借入をするのが定期預金担保貸付です。
定期預金担保貸付なら、定期預金を解約することなく、ローンやキャッシングよりも非常に低い金利でお金を借りることができます。

 

定期預金担保貸付を利用するには、下記2つの条件を満たす必要があります。
・総合口座通帳を持っている
・総合口座通帳内の定期預金に残高がある
銀行によっては年齢制限もありますが、主にはこの2つさえ満たしていれば誰でも利用することができます。
ローンの利用条件で記載されているような収入条件などもないので、専業主婦や年金受給中の方でも借りることができます。

 

定期預金担保貸付の限度額は「定期預金残高の90%まで」というのが一般的です。
これに加え、「最高200万円まで」というように銀行によっては最高額が決められている場合もあります。

 

次に返済期日ですが、この貸付には毎月決まった返済日というのはなく、担保にしている定期預金の満期日が返済期日となっています。
お金に余裕がある時や口座に振り込みなどがあった時、普通預金に入金するだけで自動的にマイナス部分が返済されていきます。

 

そして、定期預金担保貸付の一番の魅力が金利です。
ほとんどの金融機関で、貸付金利は定期預金金利+0.5%となっています。

 

定期預金金利は預入年数が長い程高くなりますが、今はどの金融機関でも非常に低い金利が適用されています。
お金を貯めるという観点からすると近年の定期預金の低利率は望ましいものではありませんが、貸付となるとその恩恵を受けることができます。

 

貸付金利もほとんどが1%以下、高くても1%台というローンやキャッシングとは比べ物にならないほどの低金利です。

 

定期預金担保貸付を利用するには?申し込みや審査はあるの?

この貸付の利用方法は非常に簡単です。?定期預金担保貸付は、普通預金の残高以上の引き落としや引き出しが発生した場合、自動的に不足金額が融資されるという仕組みです。
自動で融資が行われた分については、普通預金の通帳に残高がマイナスで表記されます。
通常のローンやキャッシングであれば、申し込み用紙を記入したり、必要書類を提出するといった手続きが必要ですが、定期預金担保貸付であればこれらの申し込み手続きは一切不要です。
いつも通りにATMなどからお金を引き出しするだけで自動融資されるので、「ローンを利用したいけど申し込みの手続きが難しそう…」「仕事が忙しくて窓口に手続きに行く時間がない」と思っている方にもオススメです。

 

また、一般的に借入を利用する場合は返済能力の有無を判断するために必ず審査を受けなければいけませんが、定期預金担保貸付は審査がありません。
銀行は既に定期預金を担保にとっており、いくら収入があるか、雇用形態は安定しているか…など、借入をきちんと返せる条件が整っているかを判断をしなくても、返済原資は確保できているためです。
万が一返済ができなかったとしても、銀行側は貸し倒れのリスクを負わないので、「総合口座通帳を持っており、定期預金に残高がある」という利用条件をクリアしていれば基本的に誰でも利用することができます。
申し込み手続きも不要で、審査もないので、お金が必要な時にすぐ借りることができます。

 

意外な落とし穴に注意!気をつけておくべきポイント

金利も低く、利用方法も簡単でメリットが大きい定期預金担保貸付ですが、油断していると意外な落とし穴にはまる場合があります。
利用の際には注意するべきポイントをしっかり抑えておきましょう。

 

先程お伝えした通り、定期預金の満期日までに返済をすればよいのが定期預金担保貸付の特徴の一つですが、満期日に返済が終わらなければどうなるのでしょうか。
実は、満期日までに返済できなければ、担保とされている定期預金と相殺されてしまいます。
せっかく何年も預けていた預金が借入金と相殺されてしまうのは非常にもったいないことです。
いつの間にか定期預金の満期日が来ていたということにならないように、よく注意しておきましょう。
ただし、あらかじめ自動継続の契約をしておけば、満期日に定期預金が継続されるとともに貸付も引き継がれるので相殺されることはありません。
使い道が特に決まっていないお金であれば、定期預金を預ける際に自動継続扱いにしておくと安心です。

 

もう一つの注意点としては、人によっては限度額が非常に低い場合があるということです。
借入をする際にはローンやキャッシングよりも金利の低い定期預金担保貸付を優先的に利用したいものですが、定期預金残高の90%までしか借入できないということを忘れてはいけません。
つまり、定期預金の残高が少ない場合は、少額の借入しかできないということです。
少ししか定期預金に預けていなければ、いざという時に定期預金担保貸付を利用したくても必要な金額に足りず、結局他のローンなどを申し込まなければならないというケースも少なくありません。

 

圧倒的な低金利が魅力の定期預金担保貸付。借りすぎには注意!

消費者金融や銀行のローンやキャッシングでは、「申し込み手続きが面倒」「審査に通るか不安など様々な懸念事項がありますが、定期預金担保貸付ではこうした煩わしい問題からも解放されます。
そして、定期預金担保貸付の最大の魅力は、他のローン等と比べても群を抜いて低い金利です。
13%から18%程度の金利がかかってくるカードローンやキャッシングでは、同じ金額を借りたとしても定期預金担保貸付との支払利息には大きな差が出てきます。
1%前後で借入ができるこの貸付であれば、利息負担も大きくはないでしょう。

 

このように、申し込み手続き不要、審査なし、低金利と非常に使い勝手の良い条件が揃った定期預金担保貸付は、是非優先的に利用したい融資制度です。
ただし、普通預金の残高以上の引き出しがあると自動で融資されてしまうので、知らない間に借金を増えていたということにならないように気をつけなければなりません。
できるだけこまめに普通預金の残高をチェックしながら上手に利用しましょう。

 

今日必要なら即日融資でお金を借りる

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


定期預金担保貸付でお金を借りる方法

 

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


定期預金担保貸付でお金を借りる方法

 

プロミス

定期預金担保貸付でお金を借りる方法

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


定期預金担保貸付でお金を借りる方法


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース

関連ページ

一般社団法人の生活サポート基金でお金を借りる方法
非営利団体の一般社団法人 生活サポート基金が提供する個人向けローンでお金を借りる方法を解説します。生活の維持、改善を目的として融資だけではなく様々なサポートをしてくれる団体です。
生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる方法
保険を解約すれば解約返戻金が受け取れることはご存知のとおりですが、解約返戻金を担保にお金を借りることができるのを知っていますか?今回は契約者貸付制度について解説していきます。
社内(従業員)貸付制度でお金を借りる方法
自分が勤める会社の福利厚生に社内(従業員)貸付制度がないか確認してみるのも、低金利にお金を借りる手段の1つです。会社によってまちまちですが大抵の場合銀行よりも低金利です。
共済組合による貸付でお金を借りる方法
身近な人(親・親戚・友人)からお金を借りる方法
身近な人からお金を借りるのは簡単に見えて非常に難しい問題をはらみます。そんなトラブルや問題を割けるための対策なども解説しますが、できるだけ金融機関等から借りることをおすすめします。
質屋でお金を借りる方法
買い取りだけには収まらない!質屋について詳しく解説します。借りる時の利息や金融機関との借り入れの違い、注意点など利用を考えてる方はぜひご覧ください!