車は購入費用より維持費が大変!?どれだけ掛かるか知っていますか?

すでに自分の車を持っている方はご存知でしょうが、車を購入して所持するまでの初期費用には、車両本体の代金に加えてさまざまな経費が掛かってきます。

 

車の購入時に掛かってくる税金には3種類あり、それぞれ自動車税または軽自動車税、自動車取得税、自動車重量税に区別されます。

 

加えて、強制加入の自賠責保険の保険代、自動車登録の登録代行費用、リサイクル料金、納車費用など…、諸々をあわせるとおおよそ車両代金の10%は余分に掛かってくると見ておいたほうが良いといわれています。

 

これだけでも車がお金のかかる乗り物、贅沢品だという印象を持たれるかもしれません。

 

けれど実際には、車は持ちつづけることで発生する「維持費」の負担こそ大きい代物で、それゆえに家計負担を減らすために愛車の売却に踏み切る人も少なくないほどなのです。

 

では、具体的にはどのような費用がどれだけ掛かってくるのでしょうか?

 

車の維持費はどれだけ掛かるの?

車の維持費と一言でいっても、その費用は広範囲にわたります。
日常的なところからピックアップしていきましょう。

 

基本的な維持にかかるお金

まず、車を停めておくために欠かせない駐車場代(もちろん持ち家の敷地内に駐車スペースがあれば不要ですが)、動かすためのガソリン代、綺麗に保つための洗車代。
遠出すると掛かってくる高速料金も重なれば馬鹿にならない値段になります。
タイヤも数年おきに交換が必要で、冬に雪の降る地域なら冬タイヤも別に用意しておかなければいけません。
タイヤ4本で価格帯はさまざまですが、おおよそ数万円は掛かるのでこれも小さくない出費です。

 

ドライバーの義務と責任を果たすために必要な費用

第一に、もしものために欠かせないのが任意保険です。
自賠責保険だけでは対人事故を起こした場合の人的補償が賄えないなどの理由により、車のドライバーなら任意保険への加入は常識的に欠かせないことです。
この任意保険の料金は年齢や乗車距離、乗車年数、補償内容により大きく変動するものですが、毎月一万円前後の少なくはない額を負担しなければいけません。
その負担を負ってでも万一の事故への備えは怠ってはいけないもの、というのがドライバーが持つべき共通認識です。

 

車を所有していることで支払わねばいけない税金

一年に一度支払う自動車税または軽自動車税がそれにあたり、毎年4月ごろから通知書が届き始めます。
自動車税は排気量によって支払う税額が決められており、通常の乗用車であれば3万円から10万円まで、軽自動車の場合は10800円です。

 

日本で車を維持するために受けなければならない車検

車が安全であるという証明を示すために一定間隔で必ず受けなければいけないのが、「車検」
車検は正式名称を「自動車検査登録制度」といい、車が問題なく安全に動作する基準を満たしているかを確認するための制度です。
新車を購入した場合には3年後に初回の車検となり、その後は2年ごとに受けなければいけません。
車検切れした車で走行していると、罰則が科せられます。
ただ罰則があるというそれ以前に、正しく運転しないと「凶器」となりかねない車のメンテナンスをきっちり行うことはドライバーとして最低限の常識です。
車検というシステムを用いてしっかり安全を確認した車に乗車するのは当たり前のことだと思わなければいけません。

 

では、この車検はどれくらい掛かってくる制度なのかについて、次項目で詳しく説明していきましょう。

 

車検費用の相場はどのくらい?車種でどれくらい変わるかをチェック!

車検の費用の内訳はさまざまな費目に細分化されて表示されていますが、その中に必ず含まれているのが、「法定費用」です。

 

法定費用には、自動車重量税・自賠責保険保険料・印紙代が含まれています。
では、それぞれどれくらいかかるのかの内訳を見ていきましょう。

 

自動車重量税は初回購入時と2回目以降の継続時で価格が異なってきます。
そしてその価格は軽自動車か乗用車かでまず区分され、乗用車の中でも車体重量によって6つに区分されています。
2回目以降の継続時の車検費用は軽自動車は8,800円、乗用車は車体重量により12,600円から最大75,600円までというのが基本的な費用ですが、エコカー減税が適用されれば大幅にこの費用は軽減される場合があります。
車種によって明確な数値が算出されるシミュレーションが行えるサイトがありますので、事前に計算して把握しておいたほうが安心できるでしょう。

 

自賠責保険料は2年間分を一度に支払う形で、自家用車の場合、乗用車で25,830円、軽自動車で25,070円というのが基本的な価格です。

 

そして印紙代は、小型自動車で1,700円、普通自動車で1,800円、軽自動車で1,400円という内訳になります。

 

これらの合算価格が法定費用で、つまりこの価格は最低限でも掛かっている、ということになります。

 

そして法定費用に加えて掛かってくるのが車検基本料金などと称されるもので、この代金には24ヶ月点検・整備費用などが含まれます。

 

この車検基本料金は業者や車種、車そのものの状態によって大きく異なってくる部分です。
車検を行えるのは、ディーラー、ガソリンスタンド、カー用品店、民間整備工場などです。

 

ディーラーはメーカーと繋がってる正式な整備業者でありしっかりとした点検を行うため、どうしても費用は高くなりがちです。

 

ガソリンスタンドや民間の業者であれば安く済ませられることが多いですが、ディーラーの点検とどういったところに違いがあり安いのかは事前の見積などできちんと確認しておいたほうが良いでしょう。

 

また、車に修理箇所が多く発見されたり、オイルやタイミングベルトなど部品の交換が必要だと判断されれば、当然その分車検価格は上積みされます。

 

排気量が多い、距離を走っている、年数が経っているなど、そんな車であればあるほど車にさまざまなリスクが懸念されるため、車検費用も高くついていきます。

 

これらを踏まえて、おおよその目安として車検費用の相場を出してみると以下のとおりとなります。

  • ディーラー:約8万円前後〜
  • 民間整備工場:約6〜7万円前後〜
  • カー用品店:約6〜7万円前後〜
  • ガソリンスタンド:約5〜7万円前後〜

安くても最低5万円以下になることはなく、車の状況など諸々考えると10万円までの費用は覚悟しておいたほうが良い、ということがいえます。

 

車検費用に絞っても、これだけのお金を基本的に2年に一度必ず用意しておかなければいけない…自家用車を持つことのハードルが結構高いということを、理解いただけたのではないでしょうか。

 

車検費用を用立てる二つの方法

事前にお金の準備が足らなくても、車検は必ず受けなければなりません。
けれども決められた期限までにお金の用意をするのが厳しければ、どのような方法で用立てれば良いでしょうか。

 

ディーラーのローンを利用するのはどうしても金利が高くつきがちなため、以下のふたつの方法をご紹介します。

 

マイカーローンを利用する

マイカーローンは車体の購入費用のためのローンではないのか、と思われる方もおられるかもしれませんが、購入費用以外にもメンテナンス費用、車検費用にも利用可能な場合がほとんどです。

 

マイカーローンは低金利に設定されていることが多く、年利は3%から4%台のものも多く見受けられます。

 

ディーラーや車検を行う業者でもローンを取り扱っていることもありますが、銀行で販売されているマイカーローンのほうが金利が安いこともありますから、事前によく調べて、自分に最適なマイカーローンをあらかじめ見つけておきましょう。

 

参考:知らないと損!銀行マイカーローンのメリット・デメリット

 

消費者金融の無利息サービス付のローンを利用する

近いうちにボーナスなどまとまった収入の目処があり、その収入が入る間だけの立替えの資金としてお金を用立てたい場合には、消費者金融で取り扱われている「30日間無利息サービス」の利用がおすすめです。

 

これは初回限定のことが多いのですが、契約から30日以内に完済すれば無利息でお金を借りることができるサービスです。

 

つまり、条件さえ満たせば利息を一切支払わずに費用を用立てることができるのです。
ただでさえ高くつく車検費用ですので、収入の目処がついているのならこちらで検討してみるのも良いでしょう。

 

また、30日以内に完済できなくても、それほど長い期間完済までにかからなさそうであれば、他のローンより無利息期間のある消費者金融のローンのほうがトータルで考えると支払う金利が少なくて済ませられることもありますので、シミュレーションを使うなどしていくつかの商品と比較して計算してみるのもおすすめです。

 

参考:無利息でお金を借りる!裏ワザでも何でもない30日間無利息サービスとは?

 

マイカーを長く安全に乗りつづけるためにはお金の準備もしっかりと!

人間の身体も定期的に検診を受けて必要があればメンテナンスを行わなければいけないのと同様に、車もきっちりとメンテナンスを行っていかなければいけません。
そのためにお金が必要なのはやむを得ないことです。

 

そして継続的に一定額必要になってくるため、前もってその準備を行っておくのがベターです。

 

2年に一度の車検費用でしたら、毎月数千円でもそのための積立貯金を行っておくようにしておくと、数万円の費用を無理なく蓄えることができます。

 

税金や車検はまだ定期的な間隔で予定される、いわば必要経費として考えやすい種類のお金ですから、できればそのように前もって考えて予算立てておくと、いざというときにも慌てずに済みます。

 

それでも用意が足りなければ、先述した方法で、なるべく余分な負担を少なくしてお金を借りてやりくりしていきましょう。

 

また、車を購入するときにも、それほど遠出をするわけでもない、大人数を乗せる機会がそうない、というのであれば軽自動車にしておく、という選択肢を取るのも節約方法のひとつです。

 

現状では税金や車検費用などで軽自動車と乗用車には大きな差があり、どちらを持つかでかなり出費に違いが出てくるためです。
あこがれのマイカーではあるでしょうが、車を持つことが生活の圧迫を促すようであれば本末転倒です。
自身の家計を省みて車を選ぶように考えたいところです。

 

そもそも車は生活環境によって必要度合いが大きく異なってくる乗り物ですが、自分の生活に欠かせないと考えているのであればこそ、車の維持費を必要経費としてしっかり考えた家計のやりくりをしていくように心がけうべきです。

 

それが、車と長く快適に付き合っていくためにも大切な心構えのひとつなのです。

 

車検費用程度の借り入れなら30日間無利息の消費者金融が一番お得

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


車検費用の捻出でお金を借りる最適な方法

 

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


車検費用の捻出でお金を借りる最適な方法

 

プロミス

車検費用の捻出でお金を借りる最適な方法

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


車検費用の捻出でお金を借りる最適な方法


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース