生活保護でもお金を借りる方法

最近ではテレビやネットなどで、生活保護の受給者が増えていることを社会問題として捉えた報道が増えてきました。
実際に生活保護の受給者数は増加の一途を辿っており、150万世帯を突破しています。

 

生活保護で支給されるのは生活できる最低限の金額

生活保護で受給できる金額は居住する地域や家族構成など、個人個人の条件によって細かく計算されて計上されるため、一概にいくらもらえるとはいえません。

 

一括で計上されるのではなく、最低限の生活費、教育扶助、住宅扶助など細かく内訳があり、それらを
合算した金額から自身の収入を差し引いた額が支給額となります。

 

その額はあくまで、これだけあれば最低限の暮らしはできるとされる額にとどまるため、病気や事故、冠婚葬祭、税金の支払いなど不意の出費が重なれば、受給金だけでは足りないということも起こります。

 

合わせて読みたい関連記事

 

生活保護でも融資は可能?

生活保護者が消費者金融や銀行などといった金融機関からお金を借りることが可能かというと、まず無理だといわざるをえません。

 

金融機関がお金を融資する際には返済能力が備わっているかを重要視します。

 

そのため、自分で得られる収入で生活できずに生活保護を受けている人に対しては、返済能力が不足し、貸し倒れリスクが高いとみなします。

 

申込条件に生活保護を受けている人は利用できないと書かれているわけではありません。
けれども、現実的には融資は断られる、と考えておいたほうが無難です。

合わせて読みたい関連記事

 

どうしてもお金が必要なら「生活資金貸付制度」の検討を

それでもお金がどうしても必要だというときには、公的な支援制度である「生活資金貸付制度」を利用するという方法があります。

 

生活資金貸付制度とは

この制度は各地方自治体が執り行っているもので、生活に困窮している世帯に対して一般の相場よりも>低金利または無利息でお金を貸し出す制度です。

 

申し込みには各自治体の社会福祉協議会の窓口を実際に訪れての面談が必須で、その後書類を提出後、問題がなければ融資となるので、数週間程度時間は掛かります。

 

 

使用用途による種類について

生活資金貸付制度は貸付金の使用用途によりいくつかに分かれており、貸出可能額など条件もその種類により異なります。

 

  • 総合支援基金
  • 公共料金や税金などの生活資金が不足している場合

  • 教育支援基金
  • 子どもの学校関係の支出のためにお金が必要な場合

    合わせて読みたい関連記事
借り入れによる金利は?

金利は連帯保証人をつけた場合、あるいは教育支援基金の場合は多くの自治体では無条件で無利息とされています。
金利がつく場合でも、その年利は約1.5%程度に設定されていますので、民間よりも負担をだいぶ軽減することができます。

 

借りるための審査難易度は?

ただしこの貸付制度に関しても、生活保護の受給者が借りられるかどうかはケースバイケースであり、一概にはいえません。
やはり民間の企業と同様に「返済が可能か」というハードルが問題で、公的な制度であっても、やはり返済の見込みがないのに貸すというわけにもいかないためです。

 

ただ、この貸付金制度そのものは生活困窮者に向けての制度ですから、可能性はゼロではありません。

 

一度窓口を訪れて相談してみるというのもまったく無駄な行動ではありません
貸付を受けられなくとも、生活に対してアドバイスを受けられることもあるでしょう。

 

 

 

お金に困っていてもこんな方法を取るのはNG!

困っている人がいたら手を差し伸べてくれる人がいる、そんな温かな社会であって欲しいものです。
しかし、現実には人の弱点に付け入って騙してくる人も残念ながら確実に存在しています。

 

特にお金にまつわるトラブルの場合には、ただでさえ苦しい生活がもはやどうにもならないところまで追い込まれてしまいますので、甘言には充分に気をつけなければいけません。

 

合わせて読みたい関連記事
闇金業者には注意

もっとも気をつけなければいけないのがいわゆる「闇金業者」で、法外な利息と手段で取り立てを行ってきます。
追い込まれた状況にあればあるほど、このような業者が持ち出す「誰でも借りられる」という言葉はとても甘く魅力的に聞こえるとは思いますが、無条件で貸すという業者ほど後が怖いものはありません。

闇金は法外な利息

闇金業者は貸金業として正式な登録・認可はされてはおらず、たとえその場はすんなりとお金を貸してくれても、その後は法外な利息を請求され、脅迫的な手段で返済を迫られて、ひたすら追いつめられていくだけです

その場しのぎで状況を打開せず、面倒であろうと正しい方法で乗り切ろうとすることが大原則です。
その行動が、自分や家族、大切な人たちの未来を守っていくのです。

 

 

生活保護の困窮から抜け出すために心がけておきたいこと

 

一度生活保護を受けてしまうと、なかなかその状況から抜け出すこと自体、難しいといわれています。

 

いわば「働かずともお金を得られる」状態であることから、本来は働く意思を持って受給することが原則であるのにも関わらず、働く意欲もなく受給金だけで過ごしていく、という人が出てきていることが現代での問題と化しています。

 

生活保護は国民の税金

生活保護はあくまで最低限の生活を送るための権利をお金という形で代わりに得ているものであり、緊急の代替手段に他なりません。
生活保護で支給されるお金のもとを辿れば同じ日本国民の納めた税金ですから、その人々から借金しているようなものでもありますから、少しでも早く生活保護を受給している状況から脱却しなければいけないのです。

 

生活保護から抜け出すためには

簡単なことではないでしょうが、お金が足りなければ前述のような公的な支援を受けるなどして切り抜けて、働く場所についてはハローワークや役所の相談窓口を介して第三者の力添えを受けていきましょう。

 

そして、自身の得たお金だけで暮らしていけるように、その心がけを長く保つことは大変なことですし、辛いことも多いはずですが、少しずつ前に歩んでいけるように頑張りましょう。

 

生活保護を受給している状態を「特別」だと認識し、その状態に甘えずに勤労意識を持ち、生活改善に努めていくことで、自分自身にも生きる力や誇りが甦り、人生を楽しめるようにもなることでしょう。

合わせて読みたい関連記事

 

 

 

仕事が見つかったら消費者金融で借りれます

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


生活保護でもお金を借りる方法

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


生活保護でもお金を借りる方法

プロミス

生活保護でもお金を借りる方法

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


生活保護でもお金を借りる方法


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース