留学資金のためにお金を借りるには?足りないからって夢を諦めない!

外国語を勉強したい、異文化を学びたいなど、海外留学をするのが夢という方はたくさんいます。
近年は外国語の需要も益々高まっており、将来に向けて海外で本格的に学びたいという学生も増えています。
しかし、留学する際の最大のネックとなるのが、留学費用をどのように準備するかということです。
留学には、学費や生活費、航空運賃やビザ・保険代など様々なお金が必要になります。
留学する国によっては、年間で100?300万円も必要になるケースも珍しいことではありません。
大学や専門学校の学費は親の援助を受けている人も多いかと思いますが、それに加え留学費用まで出してもらうのは負担が大きすぎるため頼れないという方も多いのではないでしょうか。
かといって何百万円という金額を自分で用意することは非常に難しいことです。
このように、親にも頼れず、自分でも資金を用意できない場合、最も確実に手早く資金が調達できるのが留学費用のお金を借りることです。

 

留学費用の借入には、以下の3通りの手段があります。

  • 奨学金
  • 銀行などのローン
  • 消費者金融

それぞれの特徴やメリットについて順に見ていきましょう。

 

留学で使える奨学金とは?

まず、一つ目の方法は奨学金です。
奨学金は政府や自治体、民間、学校など、様々な団体が実施しており、大きく分けると給付型と貸与型という2種類があります。
奨学金といえば返済義務のない支援金というイメージが強いですが、この給付型の場合は学力基準や経済的基準などに細かい条件が設けられているため、利用できる人数もごく僅かです。
もう一方の貸与型は「奨学金」と名前はついていますが、実質的には借入をして返済義務のあるローンと同じ形式で、こちらは利用基準も給付型ほど厳しくありません。
低金利であることから、まず最初の検討先としてこの貸与型の奨学金制度を選ぶという学生も少なくありません。

 

制度ごとに違いも

応募資格や募集時期、選考なども制度によって異なります。
例えば、先程説明した給付型と貸与型の違い以外にも、制度ごとに大きく異なる点としては以下のようなものがあります。

  • 誰でも自由に応募できる制度or指定校や自治体などの限定がある制度or学校独自の制度
  • 渡航前の人を対象として日本で募集される制度or既に留学中の人を対象として海外の学校や研究所などが募集する制度

上記は一例ですが、各要項をチェックしてどの制度が自分に最も適しているかを判断しましょう。

 

募集時期も要チェック

また、募集時期も要チェック項目の一つです。
留学開始時期の1年以上前に応募を締め切る制度もあるため、奨学金で留学費用を調達する気構えでいても、いざ申請の準備に取り掛かろうとした頃にはもう間に合わないということも少なくありません。
留学時期から逆算して、いつから準備が必要かを調べておくようにしましょう。

 

日本学生支援機構(JASSO)の奨学金制度

そして、数ある奨学金制度の中でも最も知名度があるのが独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)の奨学金制度です。
返還義務のある貸与型の奨学金であり、実質的には教育ローンなどと同じ性質を持っています。

 

様々な制度が用意されていますが、大きく分けると無利息の第一種奨学金と利息が付く第二種奨学金に分けられます。
借りるのであればもちろん無利息の方が良いですが、第一種奨学金の利用基準は厳しく、特に学業に優れており、経済的理由により著しく修学困難と判断される学生が利用できるものとされています。
そのため、一般的には第二種奨学金を借りる方が多くなっています。
ただし、この制度は学位や修士取得のための留学や政府推進プログラム、交流留学などの派遣プログラムを対象としています。
学位の取得を目的としない語学留学や職業訓練留学は対象外なので、他の奨学金制度を探さなければなりません。

 

留学費用の借入は奨学金だけじゃない!国や金融機関でローンを利用するのもオススメ!

金融機関の教育費用借入の中でも代表的なのが「国の教育ローン」と呼ばれる日本生活金融公庫の教育一般貸付です。
国内の学校の学費や受験料などの教育関連費用だけでなく、海外留学の費用の借入にも利用することができます。
外国の高校や高専、短大、大学、大学院等の教育施設に6ヶ月以上(条件付入学許可を得て語学学校などに留学する場合は3ヶ月以上)留学する場合が対象となります。
通常の借入限度額は350万円ですが、海外の短大、大学、大学院へ1年以上留学する場合は450万円が上限となっており、高額の留学資金を準備しなければならない人にとっては非常に嬉しい制度です。

 

国の制度ならではの低金利と日本学生支援機構の奨学金と併用可能であることも魅力です。
ただし、子どもの人数と年収によって利用制限があるので、申込前によく確認しておきましょう。

 

参考:教育一般貸付でお金をカルル方法をもっと詳しく見る

 

民間の金融機関、銀行なら目的別でローンがある場合も

また、民間の銀行や信用金庫などでローンを利用する方も非常に多いです。
民間の金融機関で留学費用を借りるには、教育ローンとフリーローンという二つの選択肢があります。
資金使途が教育費用に限定されているため、教育ローンの金利は3?5%前後と低水準ですが、その分手続がやや煩雑です。
申込時の目的通りに使うという証明が必要になるので、入学許可証や必要資金の見積書など提出しなければならない書類も多く、審査にも時間がかかります。
一方、フリーローンは資金使途を定めていないので、資金使途を確認する資料の提出も不要で申込も簡単です。
教育ローンと比べると金利は高い傾向にありますが、学費以外にも渡航先での当面の生活費や航空費など何にでも使えるのもメリットです。

 

参考:銀行でお金を借りる様々な方法

 

使い勝手が良く、スピード感ある消費者金融で留学費用を調達!

消費者金融といえば金利が高く利用しにくいという印象を持つ方も多いですが、実はメリットも数多くあります。
確かに奨学金や銀行よりも金利は高いですが、その分審査に通りやすい傾向にあり、他の借入審査に落ちてしまった人でも消費者金融であれば利用できる可能性は十分にあります。
そして、申込から融資までのスピードも非常に早いことも魅力です。
最短即日での借入も可能なので、留学にかかる各種代金の支払期限が間近に迫っているという時にも、慌てずすぐに申込をすれば間に合います。
また、インターネットから24時間申込ができるので、留学準備や学校の授業で日中は忙しい学生でも空いた時間に簡単に手続きができます。
何百万円という留学費用を全額、消費者金融で借りるのは利息負担を考えると大変ですが、奨学金や教育ローンで足りない部分や短期の語学留学の費用であれば十分に検討の価値があります。

 

参考:消費者金融でお金を借りる方法

 

未成年は金融機関で申し込みできる?20歳まで待ったほうがいいの?

留学費用を借りたいという学生の中には20歳未満の未成年の方も多いですが、この場合は利用できる借入も限られているので注意が必要です。
どの借入にも必ず利用条件が定められており、条件を満たしていなければ申込自体ができません。

 

使い勝手も良く、留学費用の借入にも利用できる銀行や消費者金融のローンですが、ほとんどの金融機関では「満20歳以上であること」という利用条件が付けられています。
これは、日本では未成年に単独での契約行為が民法上認められていないことが主な要因です。
法定代理人の同意なしで未成年が交わした契約は取り消すことができるとされているため、大半の金融機関側では未成年者への貸付は行なっていません。
自分で申込ができないのであれば、20歳になるまで留学を待つしかないと諦めかけている人もいるかもしれませんが、満20歳以上の学生と比べると残された選択肢は必然的に少なくはなるものの、借入をする手段が全くないというわけではないので安心して下さい。

 

金融機関のローンは未成年が契約者となることはできませんが、保護者が子供のための留学費用を借りることは可能なので、事情を説明して代わりに保護者が申込人となってくれる場合は問題なく借りることができます。

 

また、国の教育ローンの場合も原則、申込者は学生本人ではなく保護者となります。
もちろん、保護者が契約をする場合は保護者の収入や借入状況を判断材料として審査が行われるので、その点は理解を得た上で申込をしなければなりません。
親に申込人となってもらうのも難しいという方は、やはり奨学金がオススメです。
金利も低く、条件さえ満たせば未成年でも申し込むことができます。
応募者数も多く、狭き門ではありますが、奨学金の大半は学校や語学力テストの成績の提出を求めてくるので、絶対に奨学金を利用したいという方は日頃から留学に向けて勉強し、学力を高めておくと奨学金を得ることにも繋がります。

 

参考:未成年でもお金を借りる方法

 

夢を叶える絶好のチャンスを諦めない!借入手段は豊富にあります!

学生時代は留学をしたいという夢を叶える絶好のチャンスです。
卒業し、結婚したり社会人になると、留学をする時間を取ることが格段に難しくなります。
この機会を逃すと一生留学できないまま後悔だけが残るという可能性も十分にあり得ますので、「経済的に厳しいから留学は諦めるしかないのか」と悩んでいる場合には是非借入も検討しましょう。
奨学金や金融機関のローンなど、留学したいという学生に対して様々な借入手段が用意されています。
金利の低い奨学金や教育ローン、使い勝手の良い消費者金融のローンなど、各制度によってメリットも多種多様です。
自分にとって何が一番ベストかを考えながら、借入先を検討しましょう。
もちろん、お金を借りる以上は責任を持って返済をしなければなりませんので、無理のない範囲内で留学費用を借りましょう。
また、経費はどれくらい必要か、いつ頃申込をするべきかなど、申込前に知っておくべきことも数多くあります。
事前にしっかりと下調べをしておくことも夢を叶える大事な第一歩です。

 

少額なら資金の足しに消費者金融もおすすめ

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


留学資金のためにお金を借りるには?足りないからって夢を諦めない!

 

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


留学資金のためにお金を借りるには?足りないからって夢を諦めない!

 

プロミス

留学資金のためにお金を借りるには?足りないからって夢を諦めない!

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


留学資金のためにお金を借りるには?足りないからって夢を諦めない!


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース