60歳を超えた高齢者がお金を借りる方法とは?

年金だけでは暮らしていけない……こんな切実すぎる声をしばし耳にします。
60歳を超えたのにシニア枠で仕事をしたり、アルバイトに明け暮れる方も少なくないと思いますが、果たして60歳を超えてもお金を借りることが出来るのでしょうか?
今回はそんな素朴な疑問を解決したいと思います。

 

【カードローン】60歳以上を過ぎてもお金は借りられる!

カードローンは働く若者達の為だけに存在する訳ではありません。
高齢者と呼ばれる60歳以降でも条件さえクリアすれば、カードローンでお金を借りることも可能なのです。

 

60歳以上のカードローン利用の真実

昨今の60代以降は年金生活をホクホク顔で楽しんでいる方よりも、カツカツの生活を営んでいる方のほうが多い印象を受けます。
実際60代以降のカードローン利用者数は多くなっていますが、社会のニーズとは裏腹に高齢者への貸付は決して容易とは言い難いのです。

 

消費者金融にしても銀行にしても、建前上は60代以降への貸付を可能としています。
しかし60代への貸付率は高齢者の返済プランが不透明であること、そして今現在仕事をしていたとしても、いつ収入が年金のみになるか分からない!そんな不安定な経済事情がカードローン審査に大きく影響を及ぼします。

 

その為、審査が比較的容易であると言われる消費者金融でさえも、60代以降への借入審査に関しては厳格にならざるを得ないのが現状なのです。

 

ただし通常のカードローンとは別口として、シニアローンに力を入れている貸金業者や銀行は全国に点在しているので、大手消費者金融を利用する前に、まずはシニアローンの利用を考えることを強くおすすめいたします。

 

また戸建て、マンションに限らず、自宅を保有している方に関しては、不動産を担保に入れることで、大口融資を比較的低金利で利用することも可能です。

 

60代がお金を借りる上で注意したいこと

60代以上がお金を借りる際には、いくつか気を付けなければならないことがあります。
お金を借りるうえで、これだけは覚えておきたいことをここで整理しておきましょう。

 

年齢制限と仕事の有無について

消費者金融だから高齢者に易しい、または銀行は高齢者への融資に厳格であるという方程式は成り立ちません。
まずどこの貸金業者に銀行も60代への融資自体は可能ですし、多くの60代がカードローン融資を受けている事実があります。

 

例えば大手消費者金融を見てみると、アコムは20歳以上で上限の規定なし、アイフルやプロミスの場合は20歳から69歳までなら借り入れが可能です。
以前は65歳までと年齢制限が若干厳しかったこともありますが、現在はどこの消費者金融も69歳または70歳までは名目上は融資の可能性があります。

 

また銀行の場合は消費者金融と比べても年齢により厳しい制限をかけており、65歳から66歳がお金を借入するマックスのボーダーラインとなっていることも忘れてはなりません。

 

消費者金融でも銀行でも年齢制限内であれば実質借入は可能ですが、実際に借入をするとなると、仕事をしているか否かが大きなポイントになってきます。
ここでいう仕事というのは、アルバイトや派遣を含めた、毎月の定収入が期待出来る仕事を意味しており、年代を問わず仕事による給与があることが、審査通過のカギになってくるのです。

 

年金だけで審査は通過する?

65歳で貰える年金を繰り下げ受給してもらう方もいれば、65歳または70歳で繰り上げ受給をする方もいると思います。
60代が年金受給のスタート世代なのですが、消費者金融では年金のみが収入源の場合はお金の借入が出来ません。

 

反対に銀行カードローンに関しては年金を定収入として換算してくれるところも多いので、受給年金が大きければ大きいほど、審査にも有利に働きます。

 

その為、仕事をしていない年金生活者の場合は、お金を借りる選択肢がより狭まるので、どうしてもお金を借りたいという場合は、アルバイトやパートなどで職場復帰をすることが、一番の近道になると言えるでしょう。

 

参考:無職でもお金を借りる方法はある?

 

高齢者が敬遠されるその理由=返済への道のりが未知数

消費者金融や銀行にお金を借りる際も、今後の長い老後プランの中で、いかにして返済に必要なお金を作り、そして健康な毎日を過ごせるか!
それが60歳以上がお金を借りるうえでの、キーポイントになってくるのです。

 

いくら60代でバリバリ働いていても、いつ訪れるか分からない突然の健康悪化、はたまた突然の解雇宣言!そんな最悪の事態が起こりえる1つの目安として、69歳なり70歳がボーダーとして貸金業界では設定されているのでしょう。

 

つい先日まで50代だった方にはまだまだ審査突破の可能性は残されていますが、60代の審査突破率が年齢を追うごとに下がっていく現実は、そんな返済の遂行が難しくなっていくという現実問題を反映したものだったのです。

 

60歳以上でも借入可能な消費者金融、銀行はココだ!

ここでは60歳以上でも借入可能な消費者金融、審判会社そして銀行をまとめでドドンとご紹介したいと思います。

 

高齢者でも借りれる消費者金融

審査が甘い印象の消費者金融ですが、60代以降でも借入可能な消費者金融をまとめてみてみましょう。

 

参考:消費者金融でお金を借りる方法

 

@アコム
年齢制限20歳以上で上限の記載なし、実質年率3%から18%。最大融資額は800万円まで。

 

Aアイフル
年齢制限20歳から69歳まで、実質年率4%から18%。最大融資額は500万円。

 

Bプロミス
年齢制限20歳から69歳まで、実質年率4・5%から17.8%。最大融資額は500万円。

 

Cモビット
年齢制限20歳から69歳まで、実質年率3%から18%。最大融資額は800万円まで。

 

ちょっと変わり種の消費者金融プランネル

日本文化センターが運営する消費者金融で、知名度こそは大手に適わないものの、年齢制限が20歳から85歳までと高く設定されています。
その為年齢がネックになり借入を諦めていた方にも、おすすめ出来る消費者金融と言えるでしょう。

 

実質年率は15%から18%、最大融資額は100万円となっています。
プランネルは他の消費者金融と異なり、年金を定収入として扱ってくれるので、低額の融資ではありますが使い勝手のいいカードローンと言えるでしょう。

 

特におすすめする消費者金融を紹介してきましたが、これ以外にも中小規模の消費者金融の多くは年金も定収入の一部と扱うところが多く、年金生活者を門前払いするところは多くありません。
これらの消費者金融は数万から50万円程度の小口融資がメインになりますが、大手にはない痒い所に手が届く融資を期待出来る点は見逃せません。

 

高齢者でも借りれる銀行

銀行カードローンの場合、名目上は総量規制の対象外ではありますが、昨今は金融庁の注意喚起に基づき、本人年収に準じた貸し過ぎのない融資にシフトを移し始めています。
消費者金融と異なり、いくつかの銀行では年金を定収入と判断し、60歳以上でも融資をしているところも少なくありません。
ここでは60歳以上の高齢者でも借入可能なおすすめの銀行を、ご紹介したいと思います。

 

参考:銀行でお金を借りる方法

 

@スルガ銀行カードローンリザードプラン
年齢制限20歳から70歳まで、実質年率3.9%から14.9%。最高融資額は800万円まで。
スルガ銀行の場合は申し込み年齢こそ70歳までとなっていますが、カードローン利用の上限は76歳までとなっています。
その為一度契約してしまえば、末永く利用出来る大変貴重なカードローンと言えるでしょう。

 

Aみずほ銀行カードローン
年齢制限20歳から66歳未満まで、実質年率2%から14%。最大融資額は800万円まで。

 

B三井住友銀行カードローン
年齢制限は20歳以上69歳以下、実質年率は4.0%から14.5%。最大融資額は800万円まで。

いくつかの銀行カードローンを紹介してきましたが、上記以外に楽天銀行やじぶん銀行などのオンラインバンクも利用可能です。
また地方の地銀は、年金の受け取り口座を地銀に設定することで利用出来るシニアローンを提供しているところも少なくないので、気になる方は地元の銀行に問い合わせてみましょう。

 

どうしよう?消費者金融、銀行でお金を借入出来ない時の命綱はある?

年齢を重ねれば重ねる程、本来利用出来るはずの融資制度も審査に通過することが難しくなっていきます。
また高齢者にとって消費者金融や銀行の10%以上の金利(それぞれの金利は異なりますが)は、確実に家計を圧迫し、しばし高齢者が自己破産をする第一要因にもなりえるのです。

 

その為数こそ多くはありませんが、市町村単位で利用可能な公的貸付というセーフティーネットを、まずは検討するべきなのかもしれません。

 

参考:公的機関を利用してお金を借りる方法

 

年金担保貸付

年金担保貸付とは、福祉医療機構によって運営されている国民年金または厚生年金を担保にお金を借りる制度のことです。
この年金担保貸付の特徴を上げると、保健・医療、介護・福祉、冠婚葬祭や生活資金に用途が限定された、超低金利の貸付制度と理解してください。

 

融資金額としては受給している年金の0.8%で、融資額は10万から200万円までとなっています。
ただし生活必需品の購入に充てる場合は、10万から80万円に減額されるので注意が必要です。
基本的に受給している年金に応じた金額を元に借入可能か否かが決定されますが、その際に適用される金利は年金担保融資で2.1%、労災年金担保融資で1.4%になっています。

 

大口の融資には不向きな貸付と言えますが、生活資金としての融資としては、銀行と比較しても低い金利で借入が可能なので、そのスペックの高さはピカイチです。
ただし年金を担保に入れるということは、定額の返済額として年金の一部が利用出来なくなる、そして連帯保証人や保証会社による保証が必要になることも付け加えておきましょう。

 

参考:年金担保貸付でお金を借りる方法

 

生活福祉資金貸付

60歳以降でも利用可能な公的融資としてもう一つ挙げられるのが、全国に点在する社会福祉協議会による生活福祉資金貸付です。
この貸付は高齢者、障碍者や生活が成り立たないような低所得者向けの貸付制度で、福祉と社会生活の基盤を整えることを目的に作られました。

 

言い換えれば、本当に生活に困窮した方しか利用出来ない貸付制度で、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金と不動産担保型生活資金の4つに別れて資金の貸し付けをしています。

 

例えば65歳以上の高齢者がいる家庭は生活福祉資金貸付の申請対象者になりますが、それぞれの地方自治体で貸付に関する規定はバラバラで、世帯数によって最低年収の条件唐が異なるので注意してください。

 

気になる金利は連帯保証人を付けることで金利ゼロで借入出来る貸付もありますが(総合支援基金、福祉基金、教育支援資金)、それ以外でも1.5%から3%程で利用可能な点は見逃せません。
世帯数と個々人の生活状況を見極めて貸付金額が決まりますが、例え自身が65歳以上の高齢者であっても、その債務状況や毎月の支出等を徹底的に調べられるので、審査難易度は非常に高い点は否めません。

 

上記60歳以上の高齢者でも貸付可能なローンですが、貸付である為、利用価値は高くとも必ず利用出来るとは限りません。
また60歳以上でも利用出来る給付金に関しては、60歳以降も働きに出る場合に利用可能な、高年齢雇用継続給付を最長2年受け取ることが可能です。
ただしこの場合、以降に受け取る年金が一部減額されるので注意しましょう!

 

参考:生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法

 

60歳以上でもお金は借りられる!ただし制限も多いので、国からの公的融資や福祉も検討しよう

大台の60歳を超えていても、いくつかの条件をクリアすれば問題なくお金を借りられることが判明しました。
しかし年金のみが収入の場合、それを定収入と判断するか否かは、各消費者金融と銀行によって異なるので、仕事をしていない年金受給者の方は要注意!

 

その為、年金を受給している方は、公的な年金担保貸付や生活保護などの福祉支援を申請するなどするべきです。
日本の高齢化社会に準じて利用可能な貸付制度は決っして貸金業者や銀行だけによらないことを覚えておきましょう。

 

高齢者でも借りれる消費者金融

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


60歳を超えた高齢者がお金を借りる方法とは?

 

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


60歳を超えた高齢者がお金を借りる方法とは?

 

プロミス

60歳を超えた高齢者がお金を借りる方法とは?

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


60歳を超えた高齢者がお金を借りる方法とは?


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース