賃貸住まいに必要なのは家賃だけじゃない・必要な手数料を確認!

マイホームの購入に比べれば費用は少なく済むというイメージのある賃貸生活ですが、そうはいってもただ家賃だけを支払うだけで暮らしていけるわけではなく、家賃以外にもさまざまな費用が掛かってくるものです。

 

参考:引越し費用が足りない場合にお金を借りる方法

 

意外と物入り!?賃貸生活のお金事情

その費用の例をあげてみると、まず初期費用として賃貸住宅を契約するときに不動産会社へ支払う仲介手数料、同時に支払うことの多い敷金・礼金、そして火災保険料はほぼ必須です。

 

それに加えて、保証会社を経由した契約の場合には別に保証料が必要であったり、鍵の交換費用や部屋のクリーニング費用も請求されることもあります。

 

さらにこれらの初期費用のうち、火災保険料や保証料は1年ないし2年程度の間隔で随時更新していくことになりますので、一度払えば終わりというわけでもないのです。

 

つい忘れがち?な「更新料」

そしてさらに支払いが必要なことがあるのが、「更新料」です。

 

支払わなければいけないときには賃貸契約書にきちんと明記されており、その書面で確認できるはずですが、部屋の賃貸借の契約期間というものはあらかじめ定められています。
2年で契約期間を一区切りとするというのが、よくみられるパターンです。
この定められた一定期間を超えて入居を継続する場合、「更新料」が請求されるのです。

 

居住契約の更新にあたっては、更新料の支払いを指定どおりに行えばそれで良く、特に書面を新たに交わすということは通常ではありません。

 

また、更新料は敷金や礼金と同様に地域格差があり、必要とされないことの多い地域もあります。

 

その理由のひとつには、これらの諸費用が法律で規定されているものではなく、突きつめれば昔からの慣習という側面のある、アバウトな性格を持つものだからという点があります。

 

ただそれでも、支払うことが契約書に明記され、その契約を交わしている限りは、他の諸費用と同様に忘れずに支払っていくというのは基本的な約束事です。

 

更新料って相場はどれくらい?支払いに備えておきたいこととは?

さて、「更新料」はどのくらいが相場とされているのでしょうか?

 

これも実は地域によりけりで、2年に一度、あるいは1年に一度という間隔で、家賃一月分、または半月分というケースが多く見られます。
多く掛かるところでは、1年ごとに2ヶ月分を必要とするところもあります。

 

それだけバラバラですから、賃貸物件の契約を新たに考えるときには、更新料・火災保険料など定期的に掛かってくる費用もひっくるめて「住まいにかかるお金」を事前に算出しておいたほうが良いでしょう。

 

そのようにしてトータル金額を明確にして心構えをしておいたほうが、のちのち「こんなに掛かるのか」と損をしたような気分にならずに済みますし、前もってお金の準備をしておくこともできるからです。

 

支払いを忘れないために心がけたいこと

更新料は前述したようにい、賃貸契約書に定められている期間ごとに請求されるものです。

 

それだけ間が空いていると覚えつづけていることは難しく、多くの人が更新料の支払請求書の到着をもって、もうそんな時期かと気づく、というパターンのはずです。

 

この支払請求書は多くは支払期限の一月から二月前には届きますので、それだけ猶予期間が設けられているわけです。

 

つまり「忘れていたかもしれないけれど、支払期日までに充分猶予期間を設けたので、この日までにきちんと払ってくださいね」という、貸主・管理会社側からの気遣いと考えることもできます。

 

ここで逆にまだ時間があり、余裕があるから後で用意しよう…と考えるのは、危険です。
誰でも思い当たるところはあるでしょうが、後回しにすればするほど、人間はギリギリまで粘ることが多いものだからです。

 

その結果、あと三日、一週間という時期になって結局慌て出し、お金が用意できないとあたふたするハメになってしまいがちです。

 

そういう事態を防ぐためには、通知書が届いたら目に届くところにおいておき、カレンダーか手帳に明記して忘れないようにするという心がけをするとともに、請求書が届いたあとの次の収入が入ったタイミングでぱっと支払ってしまうのが理想的です。

 

お金の問題に限らず、「後回し」は問題解決の手段としては後手後手でしかありません。

 

ついうっかり…更新料の支払いを滞納したらどうなる?

更新料は法律で規定されたものではないため、家賃の不払いと違い、「更新料を支払わなければ部屋の退去を命じられる」という強制力もありません。

 

ただ契約書に更新料の明記がなされている以上は、更新料の支払いに納得したとみなされ、支払いを行っていかなければならないというのが一般的な常識です。

 

更新料を滞納しても退去を命じられないとはいえ、督促は都度されますし、そんな状況で住みつづけるのも心地よくはないはずです。

 

滞納した場合にはすみやかにその旨を管理会社へ告げ、支払える期日を連絡して先方の了解を得るというのが一番平和的な解決方法です。

 

そもそも、更新料に納得できないのなら契約前にそれを申し立て、話し合ってみるというのもひとつの方法ではあります。

 

その交渉により更新料が不要になるという可能性は著しく低いでしょうし、賃貸契約も結べなくなるかもしれません。

 

けれども、契約書に書かれている内容をただ鵜呑みにしていると意外と居住者側に不利な条件が含まれていることも考えられますので、契約書に目を通して内容を理解するという行動そのものは賃貸契約において行っておきたいことのひとつです。

 

支払日に間に合わせるなら消費者金融を使うのもひとつの手!

信頼関係を保つためにも守りたい、各種費用の支払日。

 

けれども、気をつけていたつもりでもさまざまな事情によって納入期限日までの費用の用意が難しい・・・そんなことも起こってしまうことでしょう。

 

そういうときにはどうすべきか。
期日までに支払うことを優先するならば、お金を借りるという手段が有効です。

 

あと20日ほどで収入が入り、それでもそれまでに納入期限が来てしまってお金の用意ができないという場合には、消費者金融の30日間無利息でお金を借りることができるサービスを利用すれば、自分の利用したい金額だけを借りて返すことができ、余分に支払うお金を省けます。

 

また、無利息期間内の返済が無理でも、返済計画をきちんと立てて完済まで進めていける道筋が立てられて、入用な最低限の金額だけ借りてやり過ごせば、借金で首が回らなくなるという事態は防げるはずなので、必要以上に借金を抱えることに構える気持ちを持つ必要もありません。

 

更新料の支払いに関しても、借りたお金の返済でも、どちらでも大切なのは交わした約束を守ることです。

 

その気持ちを持って行動すれば、契約を滞りなく継続させることができ、結果として社会人としての信頼をつけていくことができることでしょう。

 

ちょっと足りないくらいなら30日間無利息の消費者金融

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


住んでいる賃貸住宅の更新料でお金を借りる羽目にならないために

 

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


住んでいる賃貸住宅の更新料でお金を借りる羽目にならないために

 

プロミス

住んでいる賃貸住宅の更新料でお金を借りる羽目にならないために

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


住んでいる賃貸住宅の更新料でお金を借りる羽目にならないために


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース