引越し費用のためにお金を借りるには?どうしても足りない時は消費者金融という選択肢

引越し費用って思った以上に大きな金額になるものです。

 

新たな土地と新たな家へ引越しをして心機一転!と期待する気持ちとは裏腹に、「引越し費用を払えるだろうか…」と不安な方も多いのではないでしょうか。
引越し業者への支払代金、敷金、礼金、退去費用、家賃…など引越しをするためには様々な費用がかかってきます。
また、時期によっては引越し業者費用はかなり割高になることもありますので、注意が必要です。

 

ただ大きなお金がかかるからと言って、すぐにお金を借りるという選択はしないようにしましょう。

 

これからお伝えする引っ越しにかかる費用を節約する方法を実践して少しでもかかるお金を減らす。
そしてそれでもお金が足りないなら、借りるという選択肢を考えるようにしましょう。

 

参考:賃貸住宅に住んでいる人は更新料にも気をつけよう

 

賢く節約!引越し費用を大きく左右する業者選びのポイント!

数ある引越し費用の中で一番大きなウェイトを占めるのが、引越し業者への代金です。
そのため、業者選びは非常に重要です。
しかし、大手から地元企業まで引越し業者を探し始めるとキリがなく、一体どこを選べば良いか分からないという方がほとんどです。
最も安い料金で作業をしてくれる業者を探すためには、一件一件電話で問い合わせるのが確実な方法ではありますが、引越しの荷造りや片付けにも追われ、じっくり検討する時間がないのが実情です。

 

そこで、是非利用したいのがインターネットの一括見積もりサービスです。
費用を節約する上で欠かせない相見積もりを複数の引越し業者から一括で簡単にとることができます。
引越し業者選びの際にこの一括見積もりを利用している方は非常に多く、引越し費用を安く抑えるためには必須のサービスです。

 

利用方法はとても簡単です。
現住所や引越し先の住所、建物の間取りやエレベーターの有無、搬送荷物の個数など、入力フォームに従って必要事項を入力していきましょう。
まだ荷造り前でダンボールの正確な個数が分からないという方は概算でかまいません。
ここで入力した条件で複数の引越し業者から見積もりを一気にとることができるので、最も安い業者がすぐに分かるだけでなく、引越し料金の相場も分かります。
大規模輸送システムを利用して単身引越しを安く提供できる業者や、近距離を得意とする業者など、業者にもそれぞれ得意分野があります。

 

誰もが知っているような大手業者はもちろん、あまり知られていない地元業者とも提携している引っ越し見積もりサイトを利用すれば、様々な業者から見積もりを取ることができるので自分の条件に有利な業者を見つけることができます。

 

見積もりの連絡は繁忙期である3月や4月は遅くなる場合もありますが、通常であれば早ければ即日、遅くても2、3日以内に入るので、早めに業者選びに取り掛かることができます。
また、業者の割引サービスやキャンペーンを利用すると更に費用を抑えることもできます。
引越し業者が提供するサービスとしてよくあるのが、早期割引やネット見積もり割引、紹介キャンペーンなどです。
HPのキャンペーン情報などを確認して、対象になりそうなものがあれば是非とも活用しましょう。

 

引っ越しの一括見積で参考になる専門サイト

引っ越し業者から一番安い見積もりの取り方って知ってる?損しない引っ越し交渉術

 

知らなきゃ損!節約したいなら物件選びも慎重に!

引越し費用を節約するためには物件選びも重要です。
費用を抑えたいがために家賃の安い物件に目が行きがちですが、利便性が悪かったり、治安が良くないエリアであったりと、安いのにはそれなりの理由があります。
今後長期間住み続けることを考えると安易に安い物件に飛びつくのも考えものです。
まずは、引越し費用から削れる部分はないか考えてみるのも一つの手です。
安く済ませるためには引越し荷物の搬入が容易な物件かどうかが重要なポイントになります。
引越し料金の内訳は以下の項目から成り立っており、搬入しやすい物件を選ぶことによって作業員人数や時間を大幅に抑えることができます。

  • トラックのサイズ
  • 移動距離
  • 作業時間
  • 作業員人数
  • 引越し時期・日時
  • オプションサービス

引越し料金は、家財を運ぶ手間が大きいほど、人手や特殊な技術が必要になるため高くなります。
最も理想的なのは搬入口となる玄関や掃き出し窓の近くまでトラックが寄せることができる物件です。
トラックが入れるほどの道路幅がない場合は重い家財を作業員が運ばなければならないので、それだけ時間も人手も必要となります。
作業員1名あたり1万円前後の費用がかかるので、少ない人数で済めばそれだけ安く抑えることができるということです。

 

また、アパートやマンションの場合は、エレベーターの有無や階数で引越し料金が異なります。
1階や2階などの低層階では追加料金が発生しないケースがほとんどです。
業者によって料金は異なりますが、一般的には階が1階上がるごとに1,000円〜2,000円前後高くなります。
1階上がるごとに2,000円の割増料金が発生すると仮定した場合、物件が1階か5階かという違いだけで引越し代に8,000円の差が出ると考えられます。
そして、階数が上がればおのずと家財道具を運ぶ作業時間も長くなるので、ここでも費用に差が出てきます。

 

エレベーターのない物件やエレベーターがあっても狭くて荷物を載せることができない物件、廊下や階段から荷物の搬出入を行うことができない物件では、手吊りや電動リフト、クレーンを使って搬出入をしなければなりません。
こちらも1万円から3万円程度の追加料金が発生します。
最悪の場合、搬入できない家財が出てしまい、泣く泣く買い直しというケースも考えられます。
下見に行く際には部屋の中だけでなく、荷物の搬入ができそうか外観や設備もよく確認しておきましょう。

 

また、エレベーターのない物件の場合は手作業で階段を使って荷物を運搬するため、荷物の破損や共用部の損壊事故が起こりやすくなります。
こうした万が一の時に備えて引越し業者は「運送業者貨物賠償責任保険」に加入していますが、エレベーターなしの物件ではリスクがある分、保険料も高く設定されているのでここでも追加料金が発生してしまいます。
「低層階」「エレベーター有り」など、費用を安く抑えるポイントを頭に置きながら物件選びをすると、後々の引越し代金の請求が楽になるのでオススメです。

 

切り詰めたのにお金が足りない…そんな時は消費者金融で調達!

できる限り引越し費用を節約できる業者や物件を選んだのに、やはりお金が足りない…。
そんな時には消費者金融での借入を検討してみてはいかがでしょうか。
消費者金融での借入金の使い道は事業資金以外であれば自由なので、引越し費用に使ってももちろん大丈夫です。
引越し費用を用意するために貯金をおろしてしまうと、今後万が一の時の備えがなくなり心許ないですが、消費者金融で借入をすればその心配もありません。

 

中には「引越し費用は会社の補助があるから大丈夫」という方もいますが、費用が入金されるのは引越し後で、最初は自分で引越し代金や契約手数料を立て替えて負担しなければならないケースもあります。
一時的な立て替えとはいえ、まとまったお金を急に用意するのは難しいことです。
そんな時、消費者金融であればスピーディーにお金を借りることができます。
また、大手消費者金融が実施している30日間無利息サービスをうまく利用すれば、立替金が入るまでの間、無利息で借入することもできるので実質的には自分の負担がなくなります。
借入をすると肝心の賃貸契約審査に通りにくくならないかという心配もありますが、一般的には入居審査は職業や収入、家族構成などで審査することが多く、消費者金融の借入は影響しませんので安心して利用して下さい。

 

参考:お得な30日無利息期間付きカードローンの正しい使用方法を徹底解説!短期の借り入れにはピッタリ

 

少しの工夫で引越し費用を大幅節約!足りない時は借入も検討

引越しには様々な費用がかかりますが、少し工夫をするだけで大幅に費用を節約することができます。
業者や物件選びだけでなく、引越しを機に断捨離をして荷物の数を減らしたり、引越し日を平日にするなど、他にも費用を抑えるコツは沢山あるのでできることから着手していきましょう。
もし、それでも足りなければ消費者金融で借入をしてお金を調達しましょう。
銀行での借入は平日15時までに店頭で申込書を書かなければならないなどの制約があるので、仕事をしている方はなかなか時間をとることができませんが、消費者金融であればスマホやパソコンからでも24時間申込ができ、来店なしで融資まで進めることもできるので、荷造りで忙しい時期でも空いた時間に手続きをすることができます。
万が一の時のためにある程度の貯金を残しておくこともできるので、心に余裕を持って新生活をスタートさせることができます。

 

短期借り入れには30日間無利息の消費者金融3者がおすすめ

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


引越し費用のためにお金を借りるには?足りない時は消費者金融という選択肢

 

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


引越し費用のためにお金を借りるには?足りない時は消費者金融という選択肢

 

プロミス

引越し費用のためにお金を借りるには?足りない時は消費者金融という選択肢

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


引越し費用のためにお金を借りるには?足りない時は消費者金融という選択肢


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース