横浜銀行カードローンでお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

 

神奈川県横浜市西区に本店を構える横浜銀行は、「横浜銀行カードローン」という名称で個人にもお金を貸付しています。

 

この横浜銀行カードローンの特徴は、金利年1.9%~14.6%、借入限度額最大1,000万円、最小返済額は月々2,000円、そして来店不要で24時間審査に申し込みが可能。

 

今回は審査申し込みを検討している人を対象に、わかりやすく丁寧に解説していきますね。

お金を借りる前に知識を身に着けたい方はコチラ!

 

横浜銀行でお金を借りたい!審査申し込みの条件や流れはどうなっている?

 

横浜銀行カードローンは、以下の条件をすべて満たしていなければ、審査に申し込みすることはできません。

 

  • 契約時満20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入のある方と配偶者※パート・アルバイトの方も可能。学生の方は対象外。年収には年金含む。
  • 神奈川県内全地域・東京都内全地域・群馬県内の前橋市、高崎市、桐生市に居住または勤務している方
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方

この条件は特に厳しいわけではありませんが、他の金融機関と比べて限定した地域の人しか借りられないという不便があります。対象地域に居住または勤務している人であれば問題ないですが、他の地域の人は除外されてしまうため、対象者は少なくなりますね。

地域外の方は即日融資も可能な消費者金融もオススメです!

 

また、学生の方は対象外という点もデメリット。
専門学校生や大学生はアルバイトをして働いていてもお金を借りられませんので、他の貸金業者を検討しなければなりません。
一方で、配偶者の方が安定した収入を得ていれば、専業主婦の方でもお金を借りられる可能性がある点は、嬉しいメリットになりますね。
どうしても貸金業法の制限で専業主婦は消費者金融でお金を借りられませんので、横浜銀行カードローンは前向きに検討できる金融機関になるでしょう※。
※消費者金融でも配偶者貸付制度を利用すれば専業主婦でも審査に通る可能性がありますが、制度を採用している貸金業者が少ないですし、さまざまな書類の提出等もあります。

 

横浜銀行カードローンの審査申し込みから契約までの流れ

 

横浜銀行カードローンは、パソコンまたはモバイルを使えば来店不要で審査を受けられ、最短で翌日に審査結果の連絡があり、お金を借りることもできます。

 

実際の一連の流れについては、以下を参考にしてくださいね。

 

  1. 横浜銀行カードローン公式申し込みフォームをクリック
  2. 申し込みフォーム内の個人情報を入力
  3. 本人確認書類や収入証明書類の提出
  4. 審査結果の連絡、契約(郵便・FAX・WEB完結=普通預金口座所有者)
  5. 自宅に横浜銀行の専用ローンカード到着
  6. ATM等でお金を借りる

注意点は、横浜銀行の普通預金口座を所有していなければ、WEB完結に申し込みできませんので、誰でも契約まで完全にWEBだけで終わるわけではありません。

 

また、本人確認書類の提出は必須ですが、収入証明書類は借入限度額50万円以上の場合のみ提出する義務が発生してしまいます。なんらかの事情で収入証明書類の用意が難しいのであれば、借入限度額は50万円以下を希望するべきでしょう。

どんな人だと審査に有利か調べておきたい方はコチラ!

 

提出できる本人確認書類
  • 運転免許証【表面・裏面】
  • 健康保険証【名前・現住所および被保険者・被扶養者のページ、カード型は表面・裏面】
  • パスポート【写真および住所のページ】
  • マイナンバーカード(個人番号カード)【表面】
  • 在留カード(永住権の記載)
  • 特別永住者は特別永住者証明書
提出できる収入証明書類
  • 源泉徴収票【勤務先の会社名の記載】
  • 納税証明書【税務署の発行印】
  • 確定申告書【税務署の受付印】
  • 住民税決定通知書【市区町村長の発行印】

以上の提出書類を画像化してアップロードする場合もコピーをして送る場合も、鮮明に写っていて書類の一部でも欠けないように注意しなければなりません。
提出した書類に不備があれば、再び提出する必要があり、必要以上に時間がかかる可能性があるでしょう。

 

勤務先に電話確認

横浜銀行カードローンの審査では、勤務先に電話連絡があります。

 

大半の金融機関で勤務先の電話連絡=在籍確認があり、これは記入した個人情報に不備等がないか調べるために行われています。

 

勤務先の電話連絡が失敗してしまうと審査に通らないので、気をつけるようにしましょう。
申込者自身が離席している場合は、会社の担当の人に電話がくる旨を説明しておくと、在籍確認の失敗を防げますね。
もちろんお金を借りるための審査と伝える必要はなく、クレジットカードの審査といった感じで伝えれば特に問題はありません。

 

審査担当者は基本的に個人名または銀行名でかけてくるため、そこからカードローンの審査だと推測できる人は少ないはずです。

 

横浜銀行の最大限度額とは?多めに借りられるかも!

 

横浜銀行カードローンの最大借入限度額は、10万円〜1,000万円(10万円単位)です。

 

1,000万円以上の最大借入限度額を提示している金融機関は少ないので、大きく融資を受けたいと考えている人は嬉しいメリットですね。

 

しかし、横浜銀行カードローンは希望した金額を誰でも借りられるわけではありません。
審査申込者の年収等の属性を総合して借入限度額を決定しますので、最初は思っていた以上に少額の借入限度額に設定されることもあります。

 

ただ、きちんと返済をして付き合いを続けていけば、借入限度額アップの打診があったり、申し込みできたりします。
どうしても希望した金額が必要なのであれば別ですが、特別必要と感じていないのであれば、必要以上に借り過ぎないためにも逆に良いかもしれませんね。

 

横浜銀行の金利は?下限金利〜上限金利について徹底解説!

横浜銀行カードローンの金利は、年1.9%~年14.6%です。

 

注目は上限金利で、大手消費者金融の上限金利はほぼ年18.0%に統一していますので、横浜銀行カードローンの金利は良心的ですね。

 

また、金利は借入限度額によって異なるため、以下に表を作成してみました。

 

借入限度額 金利
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年3.0%
1,000万円 年1.9%

 

金利は変動金利で、金融情勢によって見直されることがあります。

 

銀行カードローンより金利は高いけど消費者金融がオススメな理由もあります

 

横浜銀行の返済について!返済方法や最小返済額等について!

 

横浜銀行の約定返済日は、毎月10日(土曜・日曜・祝日は翌営業日)です。

 

指定の返済用口座から自動引き落とし返済してくれます。

 

毎月の返済額は、前月の約定返済後の借入残高によって異なりますので、以下の表を参考にしてくださいね。

 

 

前月の約定返済後の借入残高 約定返済額
2千円以下 前月の約定返済後の借入残高
2千円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 25,000円
200万円超250万円以下 30,000円
250万円超300万円以下 35,000円
300万円超350万円以下 40,000円
350万円超400万円以下 45,000円
400万円超450万円以下 50,000円
450万円超500万円以下 55,000円
500万円超600万円以下 60,000円
600万円超700万円以下 65,000円
700万円超800万円以下 70,000円
800万円超900万円以下 75,000円
900万円超1,000万円以下 80,000円

また、約定返済額以上の金額を返済する随時返済も可能です。

 

横浜銀行のATM、コンビニ等に設置のセブン銀行、イーネット、ローソン・エイティエム・ネットワークスの各ATMで随時の返済ができます。

 

ただし、コンビニ等のATMを利用する場合、所定のATM手数料が発生します。

 

約定返済を続ける方は要注意

 

【まとめ】横浜銀行でお金を借りるメリットや注意点はこれ!

 

以上に説明してきましたとおり、横浜銀行カードローンは低金利で最大限度額1,000万円という非常に魅力のあるところでしたね。
配偶者に収入があれば専業主婦でもお金を借りられる可能性があり、家計のやり繰りに悩んでいる人でも審査に申し込む価値はあるでしょう。

 

一方で、限定した地域の人しか借りられないことや学生が対象外という点は注意しなければなりません。大手消費者金融のように安定した収入を得て年齢を満たしていれば誰でも審査に申し込めるわけではないため、幅広い人を対象にしているわけではありませんね。

 

また、金利は低いですが、無利息期間サービスの提供等もしていません。
無利息期間サービスを利用すれば、該当期間内に返済すれば金利は発生しませんし、短期間で返済できれば結果的に低金利ですむでしょう。

 

横浜銀行カードローンと他社のカードローンを比較したうえで、メリットや魅力を感じた人は審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

 

 

銀行カードローンに比べて審査基準は緩めです

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


横浜銀行カードローンでお金を借りる方法【審査から借り入れ、返済までの流れ】

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


横浜銀行カードローンでお金を借りる方法【審査から借り入れ、返済までの流れ】

プロミス

横浜銀行カードローンでお金を借りる方法【審査から借り入れ、返済までの流れ】

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


横浜銀行カードローンでお金を借りる方法【審査から借り入れ、返済までの流れ】


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース