ダイレクトワンでお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

急な出費でお金に困ってしまうことってありますよね。

 

そんなときにお金を貸してくれる人がいれば問題ないですが、現実は滅多にそんな人はいないのではないでしょうか。
しかも素人同士でお金を貸し借りしてしまうと、どうしても返済意識などが薄くなってしまって、後々にトラブルに発展してしまうこともあります。

 

日本には数多くの貸金業者が経営していますが、今回のページではスルガ銀行グループのダイレクトワンに注目してみました。
どこでお金を借りるのがいいのだろうと悩んでいる方は、まずはこのページを確認してみて、ダイレクトワンか他社か検討してみてはいかがでしょうか。

 

それでは、皆さんが気になっている審査から融資までの、さまざまな情報をわかりやすく丁寧に説明していきますね。

 

参考:消費者金融でお金を借りる方法

 

お金を借りたいときはダイレクトワンを検討してみよう!申込条件は厳しいの?

お金を借りるためには、どこの金融機関でも申込条件をクリアしていなければなりません。
ダイレクトワンの申込条件は、公式サイトに以下に該当している人と明記しています。

 

20歳〜69歳までの、安定した収入のある方

 

この安定した収入とは、決して正社員や公務員のことではありません。
パートタイマー・アルバイト・主婦・学生といった方で、そこまで収入はないといった場合でも、ダイレクトワンの申込条件はクリアしています。
ただし、あくまで申込条件は問題ないというだけで、審査に通ることを保証しているわけではありません。

 

キャッシングの審査は、雇用形態や収入だけでなく、信用情報機関の履歴の状態等あらゆる部分を総合的に判断して融資可能か否か決定しています。
したがって、正社員や公務員だから審査に通るわけでもありませんし、パートタイマーやアルバイトだから審査に落ちるわけでもありません。

 

また、金融機関によっては、年収制限や雇用形態に制限を加えていることがあります。
年収○○円以上や正社員以上といった制限で、最初からパートタイマーやアルバイトの人は申し込みを受けつけていないのです。
しかし、ダイレクトワンは区別を設けていませんので、気にする必要はないでしょう。

 

以上に説明してきましたように、ダイレクトワンは厳しい申込条件を提示しているわけではありません。
さすがに無職の方や年間数万円等のあからさまに収入が少ない場合は厳しいですが、給与を得ている方であれば充分にチャンスはあるのではないでしょうか。

 

ダイレクトワンの審査に申し込みしてみる!融資までの流れをわかりやすく解説!

ダイレクトワンの審査に申し込む方法は、以下の3つの選択肢があります。

  • インターネット申込
  • 電話申込
  • 店頭窓口申込

電話申込や店頭窓口申込の進み方は、直接ダイレクトワンの担当の方が説明してくれますが、インターネット申込は自身でやり遂げなければなりません。
また、大手消費者金融等が提供している無人契約機は提供していないですね。
過去にカードローンの審査をWEBで完結した人は基本的に同じ手順ですが、初めてインターネット申込を利用する人は不安があると思いますので、以下に解説していきますね。

 

ダイレクトワンでは、パソコン・携帯電話・スマートフォンのいずれかで申し込みできますが、完全にWEB完結を目指す場合は携帯電話は不可能です。
携帯電話申し込んだ際は、書類に記入したり郵送したりしなければなりません。
自宅に郵送物が届く手間がかかりますし、即日融資を考えている方は、パソコンまたはスマートフォンから審査を受けるようにしましょう。

  • ダイレクトワン公式サイトの申し込みフォームから必要事項を入力
  • 仮審査が始まり、審査結果の連絡をEメールまたは電話で受け取る
  • 本人確認書類や収入証明書類等の必要書類をアップロード
  • 契約の締結完了後、専用ローンカードが自宅に送られる

    ※店頭窓口で当日中に専用ローンカードを発行してもらえます。

  • 借入は専用ローンカードまたは振込融資で可能

このようにダイレクトワンのインターネット審査は特に難しくありませんが、店頭窓口は全国にあるわけではありません。
店頭窓口のある都道府県は、東京都・神奈川県・静岡県・山梨県・愛知県で、合計15店舗になりますので、近くにない場合は専用ローンカードが自宅に届くまで待ちましょう。

 

ダイレクトワンに提出する書類は、本人確認書類と収入証明書類です。
収入証明書類は、 借入限度額50万円超の場合と他社含め借入総額が100万円超になる場合で、該当しない方は基本的に提出する必要はありません。
しかし、ダイレクトワンの審査担当者が必要だと判断すれば、提出を求められることもあります。

 

提出できる本人確認種類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • パスポート+住民票
  • 健康保険証+住民票

    ※住民票の代わりに、国税・納税証明書・社会保険料の領収書・公共料金の領収書(電力・水道・ガス・NHK)可能

 

提出できる収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヶ月分以上)
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

本人確認書類・収入証証明書類共にさまざまなものを利用できますね。
基本的にいずれか1点を提出すれば問題ありませんので、事前に用意しておくと審査がスムーズに進むのではないでしょうか。

 

ダイレクトワンの借入限度額と金利はどうなの?他社と比較検討してみた!

ダイレクトワンの借入限度額は、1万円〜300万円です。

 

この借入限度額は、正直のところ高いわけではありません。
というのも、大手消費者金融のアコムの借入限度額は800万円ですし、他の金融機関も500万円以上に設定しているところが多いです。
ただ、最高借入限度額は誰でも借りられるわけではありません。
最初は少額から始まって付き合いが長くなるにつれて限度額アップの打診があることが一般的ですし、消費者金融・信販会社は貸金業法の総量規制対象で年収の1/3以上の融資は法律で禁止されています。

 

使い道にもよりますが、必要以上に限度額を設定されてしまうと、つい使い過ぎてしまう可能性があります。
カードローンは借りてしまうと自分のお金に勘違いしてしまいがちですが、借金であることを忘れてはいけません。
そういった意味では、最高でも300万円までしか融資していないダイレクトワンは、借り過ぎを予防してくれるかもしれませんね。

 

ダイレクトワンの金利は高い?

ダイレクトワンの金利は、4.9%〜20.0%(実質年率)です。
約定返済日に遅れた場合の遅延損害金利率は、20.0%に固定しています。

 

キャッシングで注目するべき金利は、上限金利。
ダイレクトワンでは利用限度額によって適用される金利は異なりますが、10万円以下のような低い利用限度額であれば、20.0%付近と考えておいて大丈夫でしょう。
適用金利20.0%は決して低いことはありません。
大手消費者金融ですら上限金利は18.0%付近で足並みをそろえていることを考えると、ダイレクトワンの金利は高いです。

 

以上に説明してきましたように、ダイレクトワンの限度額と金利面では、他社に比べて優れているわけではありません。
限度額と金利はカードローンでとても重要なポイントですが、ここが劣っているとなると積極的に選択肢として加える気持ちにはならないかもしれませんね。

 

ダイレクトワンの返済方法や返済期間はこうなっている!

ダイレクトワンは、利用者が返済日を設定できます。
給料支給日のあとのようにお金に余裕のあるときを約定返済日にするべきでしょう。

 

また、返済方法は以下から選ぶことができます。

  • ATM返済
  • 店頭窓口返済
  • 銀行振込返済

残念ながら銀行口座引き落とし返済は対応していません。

 

返済方法は自身で自由に選べますが、ATM返済が利用しやすいのではないでしょうか。
店頭窓口返済はその場まで足を運んだり店舗がなくて利用できなかったりしますし、銀行振込返済は振込手数料が発生してしまう可能性があります。

 

ATM返済は、ATM利用手数料が発生してしまいます。
利用額1万円以下は108円、利用額1万円超216円。

 

ダイレクトワンの自社ATM以外では、以下の提携ATMを利用できます。

  • スルガ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • プロミスATM
  • セゾンカード
  • E-net
  • ローソンATM
  • ゼロバンク
  • タウンネットワークサービス

コンビニ設置のATMを中心に全国規模にあるATMなので、返済場所を探すことに苦労することはないのではないでしょうか。

 

ダイレクトワンの毎月の約定返済額は何円?

ダイレクトワンは、借入残高に応じて約定返済額が異なります。

 

以下に対応表を用意しましたので、確認してみてくださいね。

借入残高 約定返済額
10万円以下 4,000円
100,000円超 200,000円以下 8,000円
200,000円超 300,000円以下 12,000円
300,000円超 400,000円以下 12,000円
400,000円超 500,000円以下 15,000円

※以降10万円上がるごとに、返済額は3000円ずつ上乗せされます。

 

借入限度額は審査に通るまでわかりませんが、このくらいの返済額になると事前に理解しておけば、返済計画が立てやすいのではないでしょうか。
返済計画をきちんと立てておけば、返済が滞ることもまずありません。

 

約定返済日に返済できなければ、信用情報機関に記録が残ってしまいます。
信用情報機関に延滞や滞納の記録があると新たにローンを組むときに審査落ちしてしまう可能性が非常に高くなります。
将来的にカードローンだけでなく自動車ローンや住宅ローンを組む予定のある方は、特に気をつけるようにしましょう。

 

ダイレクトワンでお金を借りるメリット・デメリット!

以上に説明してきましたように、ダイレクトワンはメリットとデメリットがありました。

 

メリットは、申込者本人が安定した収入を得ていれば、誰でも申し込みできることです。
デメリットは、金利が低くないことでしょう。

 

正直のところダイレクトワンでなければならない理由はありません。
申込者本人が安定した収入を得ていれば申し込みできるという点は、大手消費者金融であれば普通ですし、銀行でも同じような条件のところはあります。
また、大手消費者金融のように無利息期間サービスを提供していないこともデメリット。
銀行のように金利が低いわけでもなく、しかも無利息期間サービスもないので、この点でもダイレクトワンは劣ってしまうでしょう。

 

即日融資に対応しているところは利用者にとって嬉しいメリットですが、最近は多くの貸金業者が対応してきていますので、可もなく不可もなくですね。

 

近所に店頭窓口があるなど、ダイレクトワンを利用する理由がある人は、審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

 

近くにダイレクトワンがない方はこちらの消費者金融

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


ダイレクトワンでお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


ダイレクトワンでお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

プロミス

ダイレクトワンでお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


ダイレクトワンでお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース