カードローンでお金を借りる時には一覧で比較検討しよう!

銀行カードローンは、消費者金融のフリーローンより低金利で、総量規制外であることから、利用を検討する人が多いです。 ですが、消費者金融と比べると審査は厳しく、時間がかかる銀行も少なくありません。 また、銀行カードローンと一口に言っても、借入限度額や設定している金利にはばらつきがあります。 そのため、申し込みをする前に、きちんとリサーチをしておくことが重要なのです。 その際に活用してほしいのが、インターーネット上で公開されている、金融機関の一覧表です。 銀行だけでなく、消費者金融の情報も公開されていますが、金融機関別に利用限度額や金利、月々の最低返済額などの情報が、一覧で比較できるようにまとめられています。 それを見比べると、同額借りた場合の月々の返済額や返済総額などが、一目瞭然なのです。 できれば低金利な銀行で借りて、返済総額が少なく済むのがベストですので、自分が検討している銀行カードローン以外にどんな選択肢があるのか、きちんと下調べをした上で、申し込み先を検討しましょう。

一覧で申し込み先を絞り込んだら、申し込む前に審査の厳しさもリサーチしよう

銀行カードローン一覧などで、各商品の情報を見ながら、ある程度、申し込み先を絞り込んだら、次に行ってほしいのは、審査基準のリサーチです。 銀行は、カードローンの融資実行にあたって、独自の審査基準を持っています。 そのため、カードローンの審査が厳しいところと、比較的緩めなところに分かれるのです。 また、銀行カードローンには、保証会社がついているものです。 この保証会社によっても、審査の通りやすさが変わります。 メガバンクやインターネットバンクの場合は、カードローンの審査基準やポイントについてまとめられたウェブサイトが、インターネット上に存在しています。 そうしたサイトから情報を集め、自分の属性を考慮した上で、審査に通るかどうかを考えるのです。 申し込みをして、審査が通らなかった事実も、個人信用情報機関に履歴として残ります。 1カ月に3件を超える銀行カードローンの申し込みをすると、申し込みブラックという状況に陥り、その後6カ月間は、いろいろな融資が通りにくくなります。 そうした事態に陥らないためにも、銀行カードローンを申し込む前の情報収集が大事なのです。 効率よく情報を集めるためにも、銀行カードローン一覧が用意されているサイトには、必ずアクセスしてみてください。